セカンドオピニオン外来

セカンドオピニオン外来に関するご案内及び関連資料のダウンロード

セカンドオピニオン外来(相談)の開始

 近年、医療をとりまく環境の急速な変化により、セカンドオピニオンを求める患者さんが大幅に増加しています。そのため、当院でも一部の診療科においてセカンドオピニオンの提供を専門とする外来を設置し、運用する運びとなりました。本紙をよくお読みになり、趣旨を十分ご理解の上、お申し込みください。

セカンドオピニオンとは

 セカンドオピニオン外来では、当院以外の医療機関で治療中の患者さんを対象に、特定の疾患に限り、その診断内容や治療方法に関して当院の専門の医師が診断内容や治療方法に関しての意見、判断を提供し、その意見や判断を患者さんがご自身の治療に際しての参考にしていただくことが目的となります。当院では、新たな検査や治療は行わず、患者さんからの情報や主治医の先生からの資料の範囲で判断をくだすことになります。
 また、相談後の治療は紹介元の主治医に継続していただくことが原則であり、相談内容については主治医にご報告させていただきます。

受診対象となる方

 患者さんご本人への説明を原則とします。ただし患者さんが直接ご来院できない事情がありご家族が受診される場合、または患者さんが未成年者の場合には、別途同意書とともに、家族の方の身分が確認できるもの(運転免許証や健康保険証)をご準備お願いいたします。

相談の内容

 セカンドオピニオンは現在の診断・治療に関しての意見を提供することが目的のため検査や治療は行いません。
 1.外科的治療法と内科的治療法で迷われているとき
 2.現在の治療に不安を感じるとき
 3.大きな外科的手術を受けるよう勧められているとき
 4.その他
 *ご連絡の内容について、セカンドオピニオン外来窓口(地域医療連携室)が、あらかじめ担当する医師と受診の検討をいたします。内容によってお受けできない場合もございますのでご了承ください。

当院でのセカンドオピニオン外来の対象疾患

・肝がん ・胃がん ・大腸がん ・食道がん ・膵がん ・胆道がん ・胆嚢がん ・胆管がん  ・白血病 ・悪性リンパ腫 ・骨髄腫 ・肺がん ・小児がん(血液疾患を除く) ・乳がん ・消化管間質腫瘍(GIST) ・脳腫瘍 ・子宮がん ・卵巣がん ・泌尿器科悪性腫瘍(腎がん、膀胱がん、尿路がん、前立腺がん、性巣がん) ・皮膚悪性腫瘍全般
 *原則として、診療経験豊富な医師が担当いたします。

相談する内容として適さない事項

1.現在の主治医等に対する不満、転医の希望など
2.医療費の内容、医療給付に関すること
3.医療訴訟の問題等、直接の治療以外に関するもの
4.精神疾患に関するご相談には応じられません
5.相談内容によってセカンドオピニオンよりも一般外来受診をお勧めするほうがよいと判断される場合には、別途一般外来の受診をお勧めいたします。
*主治医の診療情報提供書がない場合には受診できません

受診時間および料金

1.セカンドオピニオン外来は自由診療で行われます。健康保険は使えませんので、すべて自己負担になります。
2.1人について1時間(報告書作成時間を含む)を原則とし、1時間30分を限度といたします。医師が相談を受けた後、主治医への報告書を作成いたします。
3.料金については1時間(報告書作成時間を含む)20,000円(税別)、30分延長の場合はそれに5,000円(税別)が加算されます。
4.完全予約制となります。

受診のながれ

1.ご予約はお電話で地域医療連携室までご連絡ください。
  直通電話番号「0248(22)2262」
  *受付日時 月曜日~金曜日(9時から16時)
  第2・4・5土曜日(9時から11時30分)
  (日曜日、第1・3土曜日、祝日、年末年始を除く)
2.相談内容を伺わせていただきます(相談の目的、現在の状況等)。
3.以下の書類を説明させていただき、郵送にてお送りいたします。
 ①「セカンドオピニオン外来申込書」②「セカンドオピニオン外来あて診療情報提供書」
 ③「同意書」 
 *書類については、ダウンロードしてご利用いただくこともできます。

4.現在受診されている主治医に「セカンドオピニオン外来あて診療情報提供書」を記載していただき、「セカンドオピニオン申込書」とともに地域医療連携室に郵送してください。
5.担当医師が相談内容を確認し、相談日を決定した後、地域医療連携室から相談日時等についてご連絡させていただきます。
6.受診当日は、一階総合相談室内 地域医療連携室へお越しください。ご案内いたします。外来において、セカンドオピニオン外来同意書および検査資料等を提出していただきます。
7.会計は総合受付会計窓口でお支払いをお願いします。総合受付にて主治医への報告書をお受け取りください。

相談に際して必要なもの

●現在受診している病院から、お借りできる限りの検査資料を当日お持ちください。
 ①血液検査の結果
 ②超音波検査の結果と画像
 ③レントゲン検査・MRI検査・CT検査の実物フィルム
 ④病理検査の報告書 など
 *主治医からの情報や検査資料がない場合には、一般的なお話しかできず、有効なセカンドオピニオンは提供できませんので、必ずご持参ください。

予約・お問い合わせ先

白河厚生総合病院 地域医療連携室
〒961-0005
福島県白河市豊地上弥次郎2-1
 電話:0248-22-2262(直通)
 FAX:0248-22-2322(直通)

その他

①予約のキャンセルや相談日の変更を希望する場合には、お早めに当院の地域医療連携室にご連絡ください。
②最初から転医をご希望される場合には、この外来の対象とはなりません。
③相談中の録音・録画はご遠慮願います。

PDFダウンロードについてのご注意

Get ADOBE READER
PDFファイルをご覧いただくにはAcrobat Readerが必要です。Acrobat Readerがインストールされていない場合は、上のアイコンをクリックして、ダウンロードした後インストールしてください。Acrobat ReaderをインストールするとPDFファイルがご覧に頂けます。
詳しくは、アドビシステムズ株式会社のサイトをご覧ください。

※ご提供するデータは、細心の注意を払って掲載しておりますが、その正確性を完全に保証するものではありません。
※これら各種データをご利用になったことによって、生ずる一切の損害についても、責任を負うものではありません。
※当データの著作権は、福島厚生連 白河厚生総合病院に帰属するものです。