栄養科

栄養科のご紹介

栄養科とは

栄養科では、患者さんの症状が1日でも早く回復できるように栄養管理と給食管理の2つの面から、管理栄養士をはじめ、栄養士・調理師・調理員みんなで協力し、美味しく心のこもった食事提供に日々努力しています。

  • 栄養管理

    管理栄養士が、入院患者さんのベットサイドへ訪問し、一人一人の栄養管理を行っています。また、NST(栄養サポートチーム)・褥瘡回診・緩和ケア活動などで他職種との連携をとりながら、栄養面から患者さんの病状回復に努めています。  その他に、入院患者さんや外来患者さんへの個別栄養指導や、糖尿病教室、母親教室などの集団栄養指導も行っています。

  • 給食管理

    入院患者さんそれぞれの病態に合わせた食事(糖尿病食や透析食など)や、患者さんが喫食しやすい状態に工夫した嚥下食の提供をしています。嚥下食メニューとしてstep1~8まで(ペースト食・やわらか食・キザミ食など)段階的にステップアップできるようになっています。また、季節に合わせた行事食や出産した患者さんへのお祝いの御膳の提供も行っています。