リハビリテーション科

リハビリテーション科のご紹介

リハビリテーション科とは?

当科では、病気や外傷などにより障害を受けた方々に対して、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士及び助手が連携しながら、早期より機能の回復及び残された能力の向上を目指し治療を行い、障害を持った方々やそれぞれが充実した社会生活を送れるよう援助しています。また、訪問リハビリや退院前指導として住宅改修や福祉機器の相談・指導なども行っています。  理学療法では、運動療法や物理療法を中心に機能の回復、能力の改善を、作業療法では動作練習や作業活動などを中心とし日常生活に適応できるよう治療を行います。また、言語療法では摂食嚥下障害や失語などに関する療法を行い、医師及び病棟スタッフと連携しながらリハビリテーションを進めています。平成21年4月からは心臓リハビリテーションが開始となり、更なるリハビリテーションの展開に取り組んでいます。