理念・沿革

付属高等看護学院の理念・沿革のご紹介

教育理念

 設置主体であるJA福島厚生連は、「保健・医療・福祉事業を通して、農家組合員・地域住民の健康を守り、豊かな地域づくりに貢献する」を理念としている。この理念に基づき、本学院が目指す教育は、生命の尊厳を基盤に、豊かな人間性と倫理観を培い、看護に関する専門的知識及び技術を身につけ、あらゆる健康レベルにある対象に応じた看護を実践し、地域・社会に貢献できる看護師を育成していくことである。

教育目的

豊かな人間性を培い、看護に関する専門的知識・技術・態度を身につけ、保健・医療・福祉の発展に貢献できる看護師を育成する。

教育目標

  • 人々の多様な価値観を認識し、共感できる豊かな心と倫理的な態度を養う。
  • 人間を身体的・精神的・社会的及び霊的に統合された存在として、理解する能力を養う。
  • 各成長発達段階にある対象のあらゆる健康レベルの課題を解決するため、科学的根拠に基づいた看護を実践する基礎的能力を養う。
  • 保健・医療・福祉における看護の機能と役割を理解し、社会の変化、地域のニーズに対応できる基礎的能力を養う。
  • 専門職業人として生涯にわたり自己研鑽する態度を養う。

3年間の学生生活で目指したいもの:「SIRAKAWA」

  • Smileすてきな笑顔
  • Imagination豊かな創造性
  • Reason自ら考え根拠をもって判断
  • Action積極的な行動
  • Kind親切な対応
  • Alive元気・敏感・気づき
  • Warm温かな態度
  • Amenity快適な環境

学校沿革

昭和21年 6月 福島県農業会白河厚生病院看護婦養成所として発足
昭和36年 4月 福島県厚生農業協同組合連合会白河高等看護学院開設
昭和52年 4月 福島県厚生農業協同組合連合会白河厚生総合病院付属高等看護学院と名称変更
平成11年 12月 専修学校認可
平成21年 4月 新校舎移転新築
  • HOME
  • 理念・沿革