PET-CT検査とは?

PET検査

PETとは、Positron Emission Tomography(ポジトロン・エミッション・トモグラフィ)の略でがんの早期発見、治療に有用な画像診断ができる検査です。
がん細胞は正常細胞よりも多くのぶとう糖を取り込む性質(3〜8倍)を持っています。そこでぶどう糖に似た検査薬(18F-FDG)を注入することにより、検査薬から発する微量の陽電子を画像化し、比較的完治しやすいと言われている初期のがんを早期に発見できる可能性が高くなります。

PET-CTカメラ

当院では、専属の薬剤師が検査薬(18F-FDG)を院内で製造し品質検定を行っています。
受診者に適正量が投与でき写真の精度を高めます。

自己遮蔽型サイクロトロン装置
シーメンス社製RDS-Eclipse-RD

PET検査の注意点

PET検査は多くのがんを発見できますが万能ではありません。検査薬を排泄するために集まる腎臓や膀胱などの周辺臓器については検出困難な場合があります。そこで他の画像診断機器等による諸検査(超音波、内視鏡、MRIなど)や血液検査などを組み合わせることにより、より精度の高いがん検査になります。

PET検査とPET-CT検査の違い

PET検査は検査薬の集まりを写真にしますが、それだけではどの場所(臓器)にがんがあるのか判断しにくい場合があります。CT検査を同時に行うPET-CT検査はこの問題を解決しより精度の高い検査になります。当院のがん検診コースは全てPET-CT検査を実施します。

PET-CT検査の流れ

検査前は4時間以上の絶食になります。
撮像時間は約30分ですが、診察・問診を含め全体の時間は約2時間30分になります。

PET-CT検査:症例