専門研修(後期)

内科専門研修プログラム

プログラムの特徴

白河厚生総合病院は福島県県南地域に位置し、県南医療圏の中核病院としての機能を果たしています。また、福島県県南と栃木県北部の2次救急を担っており、症例が大変豊富です。
医療圏の6割にあたる1日平均8台、年間約3,000件の救急搬送を受け入れています。
福島県県南医療圏の中心的な急性期病院であるとともに、地域の病診・病病連携の中核であります。一方で、地域に根ざす第一線の病院でもあり、common diseaseの経験はもちろん、複数の病態を持った患者の診療経験もでき、高次病院や地域病院との病病連携や診療所、在宅訪問診療施設との病診連携も経験できます。
内科には総合診療科、消化器内科、循環器内科、血液内科、糖尿病高血圧代謝内分泌の5診療科があり、呼吸器、腎臓、神経については、郡山市の病院で研修します。
募集専攻医5名に対し11名と指導医が多いため、充分な指導が受けられます。また、医師だけでなく職員全員が指導者であり、職員間のつながりが強く、病院全体で専攻医について考え指導します。

内科コースプログラムの概要

1年目
  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
ローテート 総合診療科・消化器・循環器・血液・糖尿病高血圧代謝内分泌をローテーションする
研修施設 白河厚生総合病院
目標
  • 20疾患群以上を経験し登録する
  • 病歴要約を10編以上登録する
2年目
  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
ローテート 呼吸器・腎臓 神経
研修施設 太田西ノ内病院 太田熱海病院
目標
  • 45疾患群以上を経験し登録する
  • 病歴要約29症例を全て登録する
3年目
  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
ローテート 自由選択
研修施設 白河厚生総合病院・福島県立医科大学附属病院・東北大学病院・昭和大学病院・太田西ノ内病院・太田熱海病院・昭和大学藤が丘病院・昭和大学横浜北部病院・昭和大学江東豊洲病院より選択
目標
  • 56疾患群以上(70疾患群目標)、160症例以上(200症例以上目標)登録する
  • 2年次までに登録した病歴要約の査読を受け改定する
  • 筆記試験

総合内科コースプログラムの概要

1年目
  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
ローテート 総合診療科(希望があれば各内科をローテーション研修する)
研修施設 白河厚生総合病院(白河総合診療アカデミー)
目標
  • 20疾患群以上を経験し登録する
  • 病歴要約を10編以上登録する
2年目
  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
ローテート 呼吸器・腎臓 神経
研修施設 太田西ノ内病院 太田熱海病院
目標
  • 45疾患群以上を経験し登録する
  • 病歴要約29症例を全て登録する
3年目
  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
ローテート 総合診療科
研修施設 白河厚生総合病院(白河総合診療アカデミー)
目標
  • 56疾患群以上(70疾患群目標)、160症例以上(200症例以上目標)登録する
  • 2年次までに登録した病歴要約の査読を受け改定する
  • 筆記試験

白河総合診療アカデミーについてはこちらをご覧ください。
白河総合診療アカデミー